• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

税理士という職業について

いつ頃から税理士を目指すのかによっても違いは出てきますが、一般的に税理士の資格を取得することは容易なことではないとされています。 まずは何と言っても試験に合格すること、そして実務経験を積む必要があるのです。 では平均的に必要な税理士となるまでの期間について見ていきましょう。 続きを読む

知識を身に付けるために必要な時間

税理士の代表的な業務内容としては国民の義務である納税に関して、個人や中小企業にかわって申告に必要な書類を作成したり、税金にまつわる相談に乗ったり、さらには手続き全般を代行したりといったことが挙げられると思います。

確定申告は、わざわざ専門家に依頼しなくても自身で行うことが可能な手続きではありますが、個人事業主が日常の業務とは別に売り上げや必要経費について計算して漏れなく申告することは簡単な作業ではありません。
多くの事業主は節税対策などの経営上の相談をするために税理士と契約を交わしているものなので、税金のプロである税理士にこの作業も一任していることが多いでしょう。
個人の場合であれば、確定申告の時期に税務署などに設置される相談窓口を利用して税理士によるアドバイスを受けたことがあるかもしれません。
このような相談業務は税理士の資格を有している者でなければ行う事の出来ない仕事となっているため、税理士に対する需要がなくなることはないのです。

税理士と言ってもその業務内容は多岐にわたっているため、どうしても得意とする分野に偏りが出てきてしまうといいます。
そうなることは弱みであるようにも思えますが、それぞれの得意分野に特化した税理士たちが集まることで専門性の高い税理士事務所を運営している所もあるようです。

また税理士とよく似た職業に公認会計士というものがありますが、実はこの2つには決定的な違いがあります。
税理士が税務のプロである一方で公認会計士は監査のプロといわれる職業であるため、クライアントの種類に違いがあるのです。
しかも登録さえしておけば税理士の業務も兼任できる公認会計士に対して、税理士は税務の範疇を超えて仕事をすることができないという点が大きく異なっているのです。

おすすめリンク

資格試験を受けるための条件とは?

税理士として活動するための方法はひとつだけではありません。 最も一般的といわれる資格試験を受けるという方法は、実は誰にでも開かれた道ではないのです。 まずは税理士試験を受験するために必要な資格を得ることから始める必要があるかもしれません。 ここからは受験資格について紹介していきたいと思います。 続きを読む

どのような人が税理士になれるのか

資格を取るための道筋は人によってそれぞれで、試験を受けるための勉強方法によって必要になる費用も異なってくるでしょう。 しかし試験に合格してから必要になる費用や税理士に求められる資質に違いはありません。 ここでは受験や登録の際に必要になってくる費用や税理士に必要な覚悟について見ていきたいと思います。 続きを読む